2008年07月08日

第6回 自転車

自転車に乗っていて、ぼんやり考え事をしていたら、

赤信号に気付かなかった。あの時車が来ていたら・・・。

危ない。自転車は危ない。

これ以上自転車に乗ったら、いつか僕は命を落とすだろう。

これから移動は徒歩にしよう。

でも歩いていて犬に追いかけられたら。

きっと逃げ切れない。

その犬に足を噛まれる。

遅れてやってきた犬の飼い主はどうやらその筋の方。

道理で。黒くて上品な犬だと思ったぜ。

お詫びをしたいと事務所に案内される。

薄暗い部屋。

中には怖い感じの方々がいっぱい、僕を見る。

部屋の奥のひときわ怖い方が僕に言う。

お詫びに君の一番嫌いな人を消してあげるよ、と。

その手には黒く光る拳銃。

僕は震えた声で言う。

ははは、嫌いな人なんて、ねぇ、いませんよぉ、ふふふ・・・。

僕のへらへらした態度が気に障ってしまったようだ。

あぁ、いつも通り自転車に乗っていたら・・・。

銃口が僕に向けられる。




それでも僕は生きていくだろう。


posted by kon at 00:22| 卑屈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。