2008年08月12日

最終回 無題

この企画を始めて2ヶ月、

全くポジティブになれなかった。

死にたい。



それでも僕は生きていくだろう。
posted by kon at 00:58| 卑屈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

第10回 テレビ

漫画と同じく、テレビを見ててもふと思う。

あぁ、こうしてる間にどんどん視力が落ちているんだろうなぁ、と。

面白いなぁと思いながらも、あぁ視力落ちるなぁ、と。

つまらない番組なら、ただ視力が落ちるだけ。

なんと愚かなことか。

しかし、視力が回復する手術があるらしい。

それもテレビで見た。

危ない。なんという策略。

視力を落として手術させるという汚い考え。

もういっそ、目を閉じて生活しようか。

視力落ちないし、

世の中の汚いものを見なくてすむのだから。



よし。
それでも僕は生きていくだろう。
posted by kon at 12:06| 卑屈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

第9回 鼻歌

今。たった今。

目が覚めて2分。

テレビをつけたらポニョの歌が流れていた。

一緒にくちずさんでしまった。

ポニョポニョと。

自分の口からポニョポニョ発してしまうなんて。

マスメディアに流されてしまったことが悔しい。

誰かにかわいいと思われたいのか、自分。

かわいいわけがない。

ポニョだなんて。ポニョだなんて。



それでも僕は生きていくだろう。
posted by kon at 07:17| 卑屈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

第8回 漫画

漫画を読むと

馬鹿になるのか。

でも読む。

面白いんだもん。

馬鹿になりながら、

視力もだんだん落ちて。

家に引きこもりがちになって、

筋肉が落ちて、

骨が弱くなって、



それでも僕は生きていくだろう。
posted by kon at 10:46| 卑屈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

第7回 昼寝

昼寝をするとき、窓を開けるかクーラーをつけるか、迷った。

クーラーをつけて寝たら、埃とか汚い風にのどをやられる。

起きたらのどががらがらになってて、次の日になっても治らなくて、声が出なくなるかもしれない。

窓を開けて寝たら、虫が入ってくる。

いや、虫ならまだいい。

知らない人が入ってくるかもしれない。

包丁を持っててお金をとられる。

目が覚めたとき誰も居なくても、どこかに潜んでいるかもしれない。

クローゼットの中か、浴槽の中か。

怖くて確かめられない。

そんな怖い昼寝はいやだ。

クーラーをつけず、窓も開けずに寝ればいいのか。

すごく寝汗をかく。

昼の暑い時間帯、布団がぐちょぐちょになる。

その夜はぐちょぐちょの布団で寝なければいけない。

翌日が雨だったら、次の日もその布団で寝なければならないのか。

だめだ、そんな汚い布団では寝つけない。

寝つけず不眠症になる。

昼寝も出来ない。



それでも僕は生きていくだろう。
posted by kon at 00:15| 卑屈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

第6回 自転車

自転車に乗っていて、ぼんやり考え事をしていたら、

赤信号に気付かなかった。あの時車が来ていたら・・・。

危ない。自転車は危ない。

これ以上自転車に乗ったら、いつか僕は命を落とすだろう。

これから移動は徒歩にしよう。

でも歩いていて犬に追いかけられたら。

きっと逃げ切れない。

その犬に足を噛まれる。

遅れてやってきた犬の飼い主はどうやらその筋の方。

道理で。黒くて上品な犬だと思ったぜ。

お詫びをしたいと事務所に案内される。

薄暗い部屋。

中には怖い感じの方々がいっぱい、僕を見る。

部屋の奥のひときわ怖い方が僕に言う。

お詫びに君の一番嫌いな人を消してあげるよ、と。

その手には黒く光る拳銃。

僕は震えた声で言う。

ははは、嫌いな人なんて、ねぇ、いませんよぉ、ふふふ・・・。

僕のへらへらした態度が気に障ってしまったようだ。

あぁ、いつも通り自転車に乗っていたら・・・。

銃口が僕に向けられる。




それでも僕は生きていくだろう。
posted by kon at 00:22| 卑屈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

第5回 牛乳

牛乳を飲むたび、不安になる。

お腹が痛くなるんじゃないか、と。


ものすごく喉が渇いたとき、家に牛乳しか無かったら、

僕は牛乳を飲むだろうか。

飲んだらきっとお腹が痛くなる。

お腹を下して一日を過ごすのは嫌だ。

急いでお茶を買いに行こうか。

・・・・ものすごく喉が渇いた状態で、外に出たら、危ない。

何かを飲みたい思いに囚われて、道路に飛び出してしまうかもしれない。

ほんの少しだけ牛乳を飲んでから、お茶を買いに行くのはどうだ。

・・・その少しの牛乳でお腹を下すかもしれない。

外でお腹が痛くなったら、お店の中でお腹が痛くなったら・・・。

だめだ、みっともない、恥ずかしい。

何事も無くお店に着いたとしても、ものすごく喉が渇いているんだ。

理性を失い、お茶を盗ってしまうかもしれない。

逃げてる途中に道路に飛び出すかもしれない。


そうだ。牛乳を温めるのはどうだ。

・・・急いで飲んで火傷するかもしれない。

表面にできる薄い膜が喉につまるかもしれない。




それでも僕は生きていくだろう。
posted by kon at 01:16| 卑屈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

第4回 シャンプー

シャンプー。

良い香りなのは認める。好き。ありがとう。

でも目に入ったら途端、なんなんだ。

しみるのね。しみると痛いのね。

だからといって目をつぶっても。あの恐さ。

お化け。いるもん。

後ろか前か。浴槽の中かもしれない。

いないいないと思っても、もう遅い。

いるかもって思っちゃってるから。一度思っちゃったら、もう。

逃げられないもんね。裸だし、濡れてるし。

あと髪が抜ける。

排水溝がすぐつまる。

あ、こんな髪抜けてんだって。

絶望。

毎日恐い思いをして、一歩一歩はげに近づいている。




それでも僕は生きていくだろう。
posted by kon at 02:42| 卑屈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

第3回 サンダル

サンダルで外出したら、意外と肌寒かった。

あれはきっと罰なんだ。

楽をしようとした自分への、罰。

靴下を履くのがめんどくさかったんだ。

あのとき靴下を履いていればよかったんだ。

もしまたサンダルで外に出たら、今度もっとひどいことが起きる。

たぶん草むら。

サンダルのまま、草むらに入らなければいけなくなる。

そこで足が傷だらけになる。

傷からばい菌が入って、足が動かなくなる。

もしくは3日間くらいお風呂でひりっとする。



それでも僕は生きていくだろう。
posted by kon at 02:55| 卑屈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

第2回 アイス

アイスを食べたら奥歯がしみた。

これどうせ虫歯とかになるんだろうな。

歯周病とかそういうの。

それがひどくなって、入れ歯にしなきゃいけなくなって。

でも入れ歯と歯茎の間にばい菌入って、入れ歯も出来なくなったりして。

そうなったらヨーグルトとかしか食べられないんだろうな。

おかゆとか。

うどんいけるかなー。んー。喉に詰まりそうだからやめるか。

あとバナナどうだろうなー。小さくちぎったらいけるかなー。

でもそうなったら栄養失調で入院して、食欲無くなるか。

そんで何かの薬の副作用で髪も抜けてきて・・・。



それでも僕は生きていくだろう。





『後方支援は任せろ』キーワード

しがらみ、裏切り、傷だらけ

でお願いします。男らしさを意識しました。
posted by kon at 06:35| 卑屈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

第1回 始まり

始まりました。

昆節夫の『卑屈な僕を僕は愛す。』

毎週火曜日更新です。

どうせ誰も見ないと思うけど。

こんなの見ても全然楽しくないし。

たまたま見てくれた人いたとしても、毎週見ようなんて思わないだろうし。

まぁ見る人なんていないけど。

こうやって文章を考えている今、時間を無駄に使っていると思う。

この時間で世の中のために何かできるかもしれないのに。

何ができる?あ、全然思いつかない。

思いついてもどうせやらないだろうし。

今日は6月3日。むさん。無産。ふふふ。全然面白くない。

毎週意味の無いことを考えて、意味の無い人生になって・・・。

こんな自分を愛せない。愛せない・・・。



それでも僕は生きていくだろう。
posted by kon at 12:53| 卑屈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。